「それのどこがスゴイわけ…?」と男性が理解に苦しむ女性の自慢話9パターン

クーポンマガジン「ホットペッパー」の連載企画『ひみつの女子会』が約500名の女性に行ったアンケートによると、約4割が「家族や友人から全く共感できない自慢話をされることがある」と答えました。身近な人でもズレがあるわけですから、相手が異性のときはよりギャップが大きくなりそうです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者の声を参考に、「『それのどこがスゴイわけ…?』と男性が理解に苦しむ女性の自慢話」をご紹介します。

  • 【1】「蛍光灯が切れたら自分で取り換えられる」など、誰でもできることの自慢話

    「その程度で『自立した強い女』アピールをされても…」(20代男性)というように、生活上、誰もが一度はやるようなことを自慢されても心に響かないようです。毎日自炊しているなど、男性が苦手そうなことを楽々とこなしている話のほうが尊敬されるでしょう。