先輩がイラッ!ミスを注意された新入社員の呆れた態度9パターン

仕事を頼んだ後輩が、うっかりミス。注意をしたら、まさかの逆ギレをされてしまった…。そんな経験がある方もいるのではないでしょうか。失敗やミスは誰にでもあるものですが、肝心なのは、その後の対応です。そこで今回は、『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「先輩に『イラッとするなぁ』と思われる、ミスを注意された新入社員の呆れた態度」をご紹介します。

  • 【1】「だって」や「でも」を繰り返し、口答えする

    「言い訳は自分の首を絞めるだけ」(30代女性)というように、保身のための言い訳は先輩の機嫌を悪化させるだけのようです。叱られたら、まずは心からの謝罪をするのが無難な対応でしょう。「次からは気をつけます」「今から挽回します」など、意欲的な一言を付け加えると、さらにいいのではないでしょうか。
  • 【2】「私が悪いって言うんですか!」と逆ギレする

    「ちょっと注意したら、あからさまに不機嫌に…ありえない!」(40代女性)というように、叱られたことでふてくされてしまう「困ったちゃん」もいるようです。注意されるということは、期待されている証でもあるはず。厳しい叱責も感謝の気持ちで受け止めましょう。