「一流大出はいいよな」と上司にねたまれたときかわし方8パターン

  • 【4】「運良くまぐれで入れただけなんです」と謙遜する

    「『補欠で入れたぐらいなんですよ』などと、自分は大したことないことをひたすらアピール」(20代女性)というように、一流大であることは認めた上で、自分の学力については謙遜するパターンです。「運には自信があるんです」などと明るく言い切れば、「鼻にかけないいいヤツ」と思ってもらえるかもしれません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)