「一流大出はいいよな」と上司にねたまれたときかわし方8パターン

上司よりも偏差値の高い大学出身だったことで、妬まれた経験を持つ人もいるでしょう。上司のコンプレックスから、何かにつけてネチネチ言われたりするのは避けたいところ。そんな御門違いの妬みを回避するには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「学歴コンプの強い上司に『一流大はいいよな』と言われたときのかわし方」をご紹介します。

  • 【1】「暗い学生時代でした」と非リア充エピソードを語る

    「『サークルに入っていない』『友だちがいなかった』などと、暗いエピソードを語りまくる」(20代女性)というように、一流大であっても必ずしも楽しい学生時代を送っていたわけではないことを知らしめる作戦です。「かわいそうな子」と思わせることができれば、上司の妬みも鎮まるのではないでしょうか。