幼いわが子の無邪気な「なぜ?」に口ごもってしまう瞬間9パターン

幼い子どもはふいに、返答に困ってしまうような疑問を投げかけてくるもの。どんなことを聞かれがちなのか、あらかじめ知っておくと、少しは落ち着いて対処できそうです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「幼いわが子の無邪気な『なぜ?』にウッ…と口ごもってしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「どうすれば赤ちゃんが来るの?」など、生命の神秘について追及されたとき

    「『どうしてうちには弟や妹が生まれないの?』と詰め寄られ、夫と顔を見合わせた」(20代女性)というように、「赤ちゃんに関するなぜ・なに」ほど、両親を困らせる質問はないでしょう。子どもが物事を理解できる年頃になるまでは、「それは神様が決めることだからね」などと、笑顔でかわすのが無難かもしれません。