法事を「デキた嫁」で無難に乗り切るための心構え9パターン

  • 【9】常に夫を立てて、でしゃばり過ぎない

    「ご主人を差し置いてしゃしゃり出ようとする奥さんに、ちょっと『空気読んだら?』と思った…」(30代女性)というように、法事の場では「私は嫁」と一歩引いて、夫のサポートに徹しましょう。「デキた嫁」で頑張ったあとは、夫には家事や子守りで「妻」をサポートしてもらうとよいでしょう。

ほかにも、「こうしたらよい嫁を演じられた」という心構えがあれば、ぜひ教えてください。親戚とはつかず離れず、良好な関係を続けていきたいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock