法事を「デキた嫁」で無難に乗り切るための心構え9パターン

  • 【6】男性陣から見えないところでも一生懸命働く

    「男性陣の前ではニコニコと調子がいいのに、炊事場での無愛想ぶりのギャップにドン引き」(30代女性)というように、表裏のある態度では、親戚に不信感を抱かせてしまいそうです。むしろ、見ている人の少ない裏方の仕事こそ、誰より真剣に頑張れば、「デキた嫁」としての評価は高まるでしょう。