法事を「デキた嫁」で無難に乗り切るための心構え9パターン

「親戚の多くが顔をそろえる法事なんて、できることなら行きたくない」というのが妻の本音。しかし、どうせ行くしかないのなら、親戚にはいい印象を与えつつ、法事の日をやり過ごしたいと、誰しも考えるでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「法事を『デキた嫁』で無難に乗り切るための心構え9パターン」をご紹介します。

  • 【1】笑顔を絶やさず、気持ちのいい挨拶をする

    「出迎えてくれたお嫁さんの笑顔がステキで、『いい人』というイメージを持ちました」(30代女性)というように、表情が生き生きとにこやかな人は、誰にでも好かれそうです。「ご無沙汰してます」とハキハキ挨拶して、第一印象をよくしておきましょう。