別れたあとも男性が根に持っている「彼女の捨て台詞」9パターン

  • 【7】譲り合う気がまったくない「あなたとは価値観が合わない」

    「自分のワガママを正当化されてもね」(30代男性)というように、相手に合わせる気がないことを理屈っぽく主張されると、男性は怒りを募らせるようです。「価値観の相違」があったなら喧嘩も多かったでしょうが、最後ぐらいは「いい思い出だよ」などと、すべてを水に流す一言が欲しいものです。
  • 【8】別れたあとも気をもたせる「出会ったのが2、3年後だったら、結婚してたかも」

    「『相性は良かったね』なんて言われたら、よりを戻せるかと思って時間を無駄にした」(20代男性)というように、ヘタに期待させる言葉は残酷かもしれません。はっきり「続けられない理由」を告げ、彼氏を次に進めるようにしてあげたほうが親切でしょう。