別れたあとも男性が根に持っている「彼女の捨て台詞」9パターン

  • 【3】ため息まじりの投げやりな一言「もう疲れた…」

    「『疲れた』って何が!? それだけじゃ意味わかんない!」(20代男性)というように、説明不足のまま話を打ち切られると、男性は悶々とするようです。嫌いになった気持ちをうまく伝えられないなら、「口下手でゴメン」と一言謝罪を入れると、「一方的だ」と恨まれないですむかもしれません。
  • 【4】経験の少なさを指摘する「もっと遊んだほうがいいよ」

    「『マジメか!』ってツッコまれたも同然(涙)」(10代男性)というように、「面白味がない」と断定された男性は、辱めを受けた気分になるようです。さらに「○○したほうがいい」といったお説教めいた台詞まで言うのは、傷口に塩を塗るようなものなので控えましょう。