別れたあとも男性が根に持っている「彼女の捨て台詞」9パターン


別れ話のときに思わず出た一言のせいで、彼氏にずっと恨まれているとしたら…。ちょっとゾッとしませんか? 別れ上手な女性になるには、男性の地雷がどこに埋まっているか知っておいたほうが良いのかも。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「別れたあとも男性が根に持っている『彼女の捨て台詞』」を紹介します。

  • 【1】こっちの気持ちを全否定する「優しさだけじゃ、ムリ」

    「優しさだけが取り柄だから尽くしたのに…」(20代男性)というように、精いっぱいの努力を却下された男性は、悔しさを引きずるようです。「優しさは響いたよ。でも…」などと、欠点を指摘する前に、美点を認める一言を忘れないことが別れ際のマナーと言えるかもしれません。