「身近なもの」が主人公の不思議なストーリー絵本9パターン

  • 【8】意外とみんなに愛されている『みみずのオッサン』(童心社:長新太作)

    みみずのオッサンが街を汚染する有害物質を食べて、土に還していくというお話です。「地球環境についても考えさせられる」(30代女性)というように内容的には深いので、お子さんが小中学生になってから読みかえすと、また別の感想を抱くかもしれません。