子どもの発熱で早退!同僚を敵に回さないようにする努力9パターン

働くママにとって、「お子さんが熱を出しました」という保育園からの電話ほど、胃の痛くなる連絡はありません。仕方のないこととはいえ、職場に迷惑を掛けてしまうことは避けられず、肩身の狭い思いをすることもあるでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果をもとに「『子どもの発熱』で早退するとき、同僚を敵に回さないための努力9パターン」をご紹介します。

  • 【1】不測の事態には、なにはともあれ「申し訳ないです」と口に出して言う

    「仕事を抜け出すことになったら、とにかく謝るのが基本」(30代女性)というように、まずは「迷惑をかけて申し訳ないと思っている」ことを態度で示しましょう。母親としては病気の子どものそばにいたいのは当然でも、周囲の理解を期待しすぎないほうがいいかもしれません。