先輩が「反省しているな」と感心する、注意された後のふるまい方8パターン

先輩に注意されたあとは、反省していることをできるだけ態度で表したいものです。反省していることをきちんとアピールするためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。そこで今回は、後輩を持つ『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「先輩が『反省しているな』と感心する、注意された後のふるまい方」をご紹介します。

  • 【1】注意されたことを必死にメモする

    「きちんとミスを防ごうとしているのが見てとれると、許す気になれる」(30代女性)というように、注意された内容を手帳に書き込んだり、メモをとったりすることで、反省の気持ちをアピールできるようです。メモをデスクなどに貼っておくのもいいでしょう。
  • 【2】周りが私語で盛り上がっていても、一人で作業を続ける

    「おしゃべりせずに集中しているなら、少しは反省しているのかなと思う」(30代女性)など、脇目もふらずに仕事に取り組んでいる姿を見せるのも良さそうです。うっかりおしゃべりに参加してしまうと、「注意されたことをなんとも思っていない」と判断されても仕方がないので、気をつけましょう。