なんとなく付き合った彼氏が「大好きな彼」に変わった理由9パターン

男性から強くアプローチされ、女性がなんとなくOKして付き合い始めたカップルは珍しくありません。当初は冷めた気持ちでも、付き合っていくうちに彼氏が大好きになるケースは意外と多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「なんとなく付き合った彼氏が『大好きな彼』に変わった理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「君だけを愛してる」と何度も言われて、安心感が生まれた

    「彼の気持ちが本物だとわかって、ちゃんと向き合いたくなった」(20代女性)など、彼氏の一途な気持ちが伝わることで、次第に愛が育まれるケースは多いようです。一方が全力の愛情を注ぐことから、本当の恋愛は生まれるのかもしれません。
  • 【2】風邪を引いたとき、親身になって看病してくれたことに感動した

    「家族以外でこんなに心配してくれる人がいるなんて」(20代女性)など、手厚い看病をしてもらったことで、彼氏を見る目が変わったという意見も。病気で弱っていたからこそ、そばにいて力になってくれる人のありがたみを実感できたのでしょう。