「男のプライド」を傷つけてしまう彼女の一言9パターン


男性は女性よりもプライドを大切にする生き物です。そのため、彼女の何気ない一言でプライドを傷つけられてしまうと、再起不能に陥ることも…。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『男のプライド』を傷つけてしまう彼女の一言」をご紹介します。

  • 【1】「バイトみたいなお給料しかもらえないの?」

    「安月給でごめんね!! お金のこと言わないでよ」(20代男性)など、自分では納得している金額でも、彼女に指摘されると「甲斐性なし」と言われたように感じる男性もいるようです。女性のほうが収入が高い場合、収入の話はタブーと思ったほうがいいでしょう。

  • 【2】「頑張ってるところがかわいい」

    「『かわいい』って、なんか上から言われてる感じ」(20代男性)など、女性は褒め言葉のつもりで言っても、男性には伝わりづらい単語というものがあるようです。「かわいい!」と思ったときは「かっこいい!」に変換するといいでしょう。

  • 【3】「エッチはあんまり好きじゃない」

    「オレが下手だからそう言ってるのかな」(20代男性)など、エッチをいやがるような発言をすると、原因が自分にあるのではないかと邪推する男性もいるようです。なぜ好きじゃないのかまでキチンと説明すると、あなたが幸せだと思える時間になるように、彼氏が努力してくれるかもしれません。

  • 【4】「家と外とで全然性格が違うんだね」

    「一緒にいるとき、そんなにだらしない!?」(20代男性)など、どうとでも取れる発言をすると、気を許した家での姿をやんわり批判されたように感じる男性もいます。「外ではテンション高くて驚いた」など、誤解がないよう具体的に伝えましょう。

  • 【5】「もうちょっと背が高ければいいのに」

    「コンプレックスなんだから言わないでよ」(20代男性)など、男性が気にしていることをストレートに指摘すると、予想外にひどく傷つけてしまうことがあるようです。身長や体型など外見に対するダメ出しはご法度と心得ましょう。

  • 【6】「その大学(出身校)の名前、はじめて聞いた」

    「どうせバカ大学だよ! 傷つくなー(苦笑)」(20代男性)など、学歴のことを言われると、立ち上がれなくなってしまう男性もいます。特に彼女のほうが高学歴だと笑えないので、彼氏のほうが偏差値が低い場合は、大学トークをしないほうが無難でしょう。

  • 【7】「結婚相手としては理想的なタイプだよね」

    「彼氏としては理想じゃないのかよ(苦笑)」(20代男性)など、彼氏を褒めるときに照れ隠しで含みを持たせてしまうと、そこに引っかかって男性に本音が伝わらないことがあるようです。「いい旦那さんになりそう!」など、ラブラブモードで言うと「俺との将来を考えてくれている」と感じて、彼氏も喜ぶかもしれません。

  • 【8】「車持ってない人と付き合うのははじめて」

    「貧乏でごめんね(泣)。元カレと比べられたみたいでイヤ」(20代男性)など、過去の恋愛を彷彿とさせる発言は、「比べられた!」と彼氏にショックを与えてしまう可能性があります。自分の発言に少しでも元カレの影がないか、口にだす前に注意するようにしましょう。

  • 【9】「お酒飲めない男の人なんているんだ!」

    「『男らしくない』って言われてるみたい。飲めないんだから仕方ないじゃん!」(20代男性)など、「男なら飲めて当然」といった彼女の思い込みに、プライドを傷つけられる男性もいるようです。自分がお酒を飲む場合も、「私だけ飲んでごめんね」と気遣いを忘れないようにしましょう。

ほかにも「こんな発言が男のプライドを傷つける」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock