脈ありだと勘違いした「紛らわしい行動」9パターン

「自分に気がある」と思っていた男性が、実は彼女持ちだったという経験をお持ちではありませんか? 悔しい想いを繰り返さないために、男性がよくやる思わせぶりな行動を知っておきましょう。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに「『これって脈アリ?』と思ったのに、全くの勘違いだったこと」を教えていただきました。

  • 【1】「好きなタイプは?」など、向こうからガンガン恋愛の話を振られた

    「その場の空気を盛り上げるためだったみたい」(20代女性)というように、男性が自分の気を引くために恋バナを話しているのではなく、一緒に盛り上がるネタだと思っていただけというケースも。本当に気になる女性ほど、「彼氏いるの?」などと軽く聞きにくいのが男心なのかもしれません。
  • 【2】夜中に「眠れないから」と電話がかかってきた

    「寝つけなかっただけらしい」(20代女性)というように、「好きだから声を聞きたいのかな」と勘違いしてしまう夜の電話も、単なるヒマつぶしという場合もあるようです。男性が夜中など常識外の時間に電話するのは、「迷惑をかけても嫌われてもいい相手だから」、という可能性も頭に入れておいたほうがいいでしょう。