母の日のプレゼントを渡したとき、カチンときた姑の態度9パターン

母の日といえば、世の嫁にとって頭の痛い日のひとつでしょう。姑の好みはわからないし、夫は相談相手にならない。迷ったあげく選んだプレゼントが感謝されないようでは、せっかくの努力も報われないというもの…。そこで今回は独自アンケートの結果を参考に「母の日のプレゼントを渡したとき、カチンときた姑の態度」をご紹介します。

  • 【1】「また、カーネーション?」と嫌みを言う

    「『毎年、代わり映えしないわね』って鼻で笑われた…」(20代女性)というように、せっかくの好意を無にする姑の言いぐさには、ムッとするのも仕方がないでしょう。とはいえ、「去年と同じでいいか」と安易に選んだ気持ちを見透かされているのは確かなので、ヘタに切り返さず「お花はお好きじゃなかったんですか…」としおらしくやり過ごすのが無難そうです。
  • 【2】「うわぁ、趣味悪いわね」とバッサリ否定する

    「『花柄はキライ』だなんて、はっきり言わなくても…(涙)」(30代女性)というように、贈った人間の苦労も知らずに一蹴する姑も少なくありません。「母さんに悪気はないから」と夫がノホホンとしているようなら、「あなたがうちの父に贈り物したとき、けなされたらどう感じる?」とわかりやすくたとえて気持ちを想像させましょう。