義母を不機嫌にさせてしまった「母の日の痛恨のミス」9パターン

  • 【7】無難に現金を渡したら「親に渡すものじゃない」と叱られた

    「好きなものを買ってもらおうと商品券にしたのに、『まだ、お小遣いをもらうトシじゃないわ』と断られた」(30代女性)というように、子どもたちから現金や金券を渡されるのを嫌がる人もいます。いっそ「贈り物」にこだわらず、食事に誘って「母の日のお祝いですから」と、ごちそうしてみてはどうでしょう。
  • 【8】淡いクリーム色の花束にしたら「白い花なんて縁起でもない!」と注意された

    「『ハンカチって、お別れの挨拶に使うのよ』って、そんなの聞いたことない(涙)」(20代女性)というように、しきたりや縁起を理由に苦言を呈されたら、素直に詫びましょう。「知らないことが多いので、これからも教えてくださいね」と丁寧にお願いしておけば、姑も機嫌を直してくれそうです。