義母を不機嫌にさせてしまった「母の日の痛恨のミス」9パターン

  • 【5】通販を利用したら、実物がイメージと違っていた

    「『私が好きなのは淡いピンクって知ってるでしょ?』と義母。画面ではそんなに派手な色には見えなかったんだけど」(30代女性)というように、実物を見ずに買うことで、トラブルに見舞われるケースもあるでしょう。ネットや通販の利用を「手抜き」と考える高齢者は少なくないので、品質を重視したいものは、自分の目で確認したほうがいいでしょう。
  • 【6】華やかな柄物を「若い人向きね」と突き返された

    「『あなたのほうが似合うんじゃない?』と贈ったスカーフを首に当てられて、気まずかった…」(20代女性)というように、自分の感覚では「すてきなアイテム」でも、相手が気に入ってくれるとは限りません。姑の好みがわからないときは、買い物に誘って自分で選んでもらうといいでしょう。