何でも欲しがるわが子…「お金の大切さ」を理解させる方法9パターン

  • 【5】「100円で今日と明日のおやつを買ってね」と自分でやりくりさせてみる

    「『200円で、ノートと鉛筆を用意できるかな?』と促す」(30代女性)というように、お金の使い方が理解できる子には、一定額を渡し、使い道を自分で検討させる手もあります。経済観念を育てるために、ある程度の年齢になったら、お小遣い制にするのもいいでしょう。
  • 【6】「お手伝いしたら1円あげる」とお金を稼ぐ大変さを体験させる

    「『おつかいに行ってくれたら、お釣りをあげるよ』と条件を出す」(20代女性)というように、「お駄賃」制度で報酬を手にする仕組みを体験させてやるのもいいでしょう。あげっぱなしにせず、コツコツ貯めたお金の使い道まで一緒に考えてあげましょう。