わが子の騒音に苦情が!相手の怒りをおさめる対応9パターン

マンション住人同士のトラブルとして、一番多いとされる騒音問題。子どもが小さいうちは、本人に言い聞かせても、おとなしくさせるのが難しく、下階の住人から文句を言われることがあるかもしれません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『子どもの騒音』に苦情がきたとき、相手の怒りをおさめる対応」をご紹介します。

  • 【1】とにかく謝りたおす

    「『本当に申し訳ありません』と平謝りで後日、菓子折を持参する」(30代女性)というように、ひたすら反省している様子を見せれば、激高する相手の気持ちを少しは静められるかもしれません。口先だけで謝罪するのではなく、すまなさそうな表情を見せたり、頭を深々と下げたりすると、誠意が伝わるでしょう。
  • 【2】低姿勢で話に耳を傾ける

    「『そうですか』『それは不愉快ですよね』と共感していると、怖かったおばさんがクールダウン!」(40代女性)というように、強い口調にムッときても、まずは相槌を打ちながらしっかり聞くことで、対話の余地が生まれるかもしれません。最後まで言い分を吐き出せば、怒り心頭の相手も少なからずスッキリするでしょう。