戦慄!? ありがた迷惑な「義母からの旅行手土産」9パターン

旅行から戻った義母が満面の笑みで押し付けてくるお土産に、内心ウンザリしたことはありませんか? できれば断りたいと思いつつ、もらってしまった品物の扱いに手を焼いている人も多いかもしれません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「戦慄!? ありがた迷惑な『義母からの旅行手土産』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】部屋のインテリアにまったく合わない「木彫りの人形」

    「『この創作こけし、貴重な作家ものよ』と言われても、アーリーアメリカン調のわが家にはちょっと…」(30代女性)というように、部屋のテイストと違う装飾品は、どんなに質がよくても置く気にはなれないものです。姑の来訪時だけ目立つ場所に飾るなど、うまくごまかしましょう。
  • 【2】ウケ狙いだけで味はイマイチの「ヘンな名前のお菓子」

    「下ネタまがいのネーミングのお菓子を『面白いでしょ』と渡されたときは、嫌がらせかと思った」(30代女性)というように、おいしそうだとは思えない食品を渡されるのも、ストレスが溜まりそうです。「おもしろーい! さっそく友達に見せますね」などと早々に片づけてしまえば、その場で味見せずにすみそうです。