「泊まっていきなさい」という義父母の誘いを断る一言9パターン

夫の実家を訪問した際、義父母から「泊まっていきなさい」と、強硬なお誘い。「ここまで来るだけでも疲れているのに、お泊りなんてとんでもない!」という本音を隠しつつ、なんとか断るには、どんな言い訳をすればいいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『泊まっていきなさい』という義父母の誘いを断る一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ご厄介になるのは悪いので」と、そそくさと去る

    「何を言われても『ご迷惑になるから』と固辞」(20代女性)というように、ひたすら腰を低くしつつ、消えるように去るパターンです。「お世話になるのは申し訳ない」と、あくまでも義父母のことを考えている姿勢を貫きつつ、決して引かない粘り腰で臨みましょう。
  • 【2】「近いからまた来ますよ」と、にこやかに帰る

    「『いつでも来れますから』と笑顔で去ります」(20代女性)というように、有無を言わせぬ微笑みで押し切る手もあります。「また来る」と言われると、なんとなく納得して、義父母もすんなり引いてくれるかもしれません。