絶対友達になれないタイプの小姑をやりすごすための話題9パターン

「小姑一人は鬼千匹にむかう」ということわざがあるように、夫の姉妹は一般的にやっかいで恐ろしい存在とされているようです。縁あって親族となってしまったら最後、たとえどんなにソリが合わなかったとしても、顔を合わせる機会は避けられないでしょう。そこで今回は、独自のアンケート結果を参考に「『同じクラスにいたら絶対友達にならないタイプ』の小姑を、無難にやりすごすための話題」をご紹介します。

  • 【1】「休みの日は何をなさってるんですか?」と余暇の過ごし方を尋ねる

    「『週末はしっかり休めるんですか?』と仕事の忙しさをさりげなく聞く」(20代女性)というように、共通の話題が少ない相手には、普段の暮らしぶりを大まかに問うのが無難です。バリバリ働いているタイプの小姑なら仕事のことを掘り下げ、そうでないなら休みの日について話をつないでみましょう。
  • 【2】「好きなアーティストはいます?」と共通の話題を探る

    「テレビに映った俳優さんを見て『大ファンなんです』と言うと、『私も!』と大盛り上がり」(30代女性)というように、有名人のネタをきっかけに、思わぬところで意気投合することもあるでしょう。本やマンガ、映画などの好みを聞き出しながら、話の糸口を探すとよさそうです。