GWのお土産配りで、男性からの好感度を上げる渡し方8パターン

連休明けにオフィスでお土産を配るときこそ、気になる異性と言葉を交わすチャンス。渡すときに「おっ」と思わせて、周りに差をつけるにはどうしたらいいでしょうか。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「GWのお土産配りで、男性からの好感度を上げる渡し方」をご紹介します。

  • 【1】「旅行中に○○さんのことを思い出して」と意味深なことを言う

    「休みの間に思い出すなんて、『ボクのこと好きなの?』と思ってしまう」(20代男性)というように、「旅先であなたのことを思い出した」というのは破壊力抜群の決めゼリフかもしれません。ただし、気のない相手に言うと誤解を招くことになるので、気になる男性だけに使うべきテクニックだと言えるでしょう。
  • 【2】「実家は広島じゃけえ」と方言を披露してみせる

    「地元のお土産と一緒に方言を使われたらなごみそう」(30代男性)という声もあるように、女子の方言にほっこりしてしまう男性は多いようです。地方出身者でなくても、大阪旅行なら「お土産やで」と言ってみるなど、あえて旅先の方言を繰り出してみてはいかがでしょうか。