やらかした飲み会の翌日、上司にするべき謝罪&LINE8パターン

会社の飲み会なのに、うっかり飲み過ぎてしまった経験を持つ人もいるでしょう。そんなときは、翌日のフォローが肝心です。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「ハメを外しすぎた飲み会の翌日に上司にするべきフォロー」を探ってみました。

  • 【1】「昨日は楽しかったです!」と酔ったことへの言及を避けつつ様子をみる

    「相手がどう受け取っているかわからないので、お礼を兼ねてとりあえず話しかけてみます」(20代女性)というように、朝一番で前夜の話をもちかけ、上司の温度感を確かめる作戦です。上司が特に気にしていないようならば、わざわざ謝って「酔いすぎてしまった」事実を再確認させる必要はないかもしれません。