同僚にプライベートの携帯アドレスを教えたくないときの言い訳8パターン

「仕事で仲良くしていてもプライベートまでは踏み込んでほしくない」と、仕事仲間には一線を引いている人もいるでしょう。そういう人は、同僚からプライベートの連絡先を聞かれたとき、少し困ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「同僚にプライベートの携帯アドレスを教えたくないときの言い訳」をご紹介します。

  • 【1】「今日は携帯を忘れてきたからまた今度」と携帯を忘れたことにする

    「手元に携帯がなければ赤外線交換もできないので」(20代女性)というように、たまたま携帯を忘れたことにしてその場を乗り切る人も多いようです。ただし、何度も「忘れた」と言うと疑われてしまう可能性があるので、一回しか使えない手だと心得ましょう。