トイレで泣いている同僚にとりたい「気遣いアクション」9パターン

「職場で泣くのは社会人失格」とわかっていても、時にはこっそりトイレで泣きたくなるような辛いこともあるでしょう。そんなとき、同僚がどんな気遣いをしてくれたら嬉しいでしょうか。今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「トイレで泣いている同僚にとりたい『気遣いアクション』」をご紹介します。

  • 【1】給湯室に連れ出し「一息いれよっか」とお茶を淹れる

    「頭を冷やす時間をくれた同僚に、すごく感謝しています」(20代女性)のように、「一緒にブレイクタイムをとってもらえると嬉しい」と感じる人もいるようです。時間があるようなら、一緒にお茶を飲みつつ、泣いてしまった経緯を聞いてあげるといいでしょう。