クライアントの名前をど忘れしてしまったときの対処法8パターン

  • 【4】できる限り話を早く切り上げ、さっさと立ち去る

    「長く一緒にいるほどボロが出やすいから、逃げるが勝ち!」(20代女性)というように、名前を思い出せそうもないなら、不自然さを気取られる前に別れたほうがいいかもしれません。「今日は急ぎなので、また改めてゆっくりと」など申し訳なさをにじませて立ち去れば、印象を悪くすることもないでしょう。