クライアントの名前をど忘れしてしまったときの対処法8パターン

お客様に会ったとき「顔は覚えているけれど名前が出てこない!」と焦った経験がある人も多いでしょう。だからといって、ストレートに名前を聞くのは失礼にあたります。そこで、『スゴエル』読者の声をもとに、「クライアントの名前をど忘れしてしまったときの対処法」をご紹介します。

  • 【1】あくまで聞き役に徹し、自分から呼びかけなくていいようにする

    「こちらから話を振らなければ、名前を呼ばない不自然さもない!」(20代女性)というように、相手に質問しないことで、名前を呼ぶシーンを避けることができそうです。相づちを繰り返しているうちに名前を思い出す可能性もあるので、時間稼ぎとしても使えるでしょう。