「話しかけやすそうな子」と思われる歓迎会での自己紹介9パターン

新しい職場で自己紹介をするときは、なるべくいい印象を持たれるようにしたいもの。周りからの好感度をアップさせるには、どんな自己紹介をしたらいいでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「『話しかけやすそうな子だな』と思われる歓迎会での自己紹介」をご紹介します。

  • 【1】あえて地元の方言を出しながら話してみる

    「自然体な感じで、なんとなく性格が良さそうに見えてしまう」(20代女性)という意見もあるように、あえて方言で自己紹介をすると、周りから「接しやすい人」認定してもらえるかもしれません。同じ地元の仲間を見つけて、方言トークを展開してみせるのもいいでしょう。
  • 【2】「注目してくださーい!」と、ひと声かけてから始める

    「度胸があるなと思うし、何より明るい印象を持つ」(20代女性)という意見からも分かるように、思い切って周りの注目を集めてから自己紹介を始めるのもよさそうです。自己紹介が続くと個々の印象が薄くなりがちなので、特に人数の多い歓迎会で有効かもしれません。