自宅でゆっくりしたいとき、「夫と子どもだけ」で外出するように仕向ける魔法のセリフ9パターン

家事や育児で忙しいママは、年中無休の24時間営業も同然。たまにはうちでのんびりしたいと思っても、夫や子どもがいると、なかなか寛げないでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「自宅でゆっくりしたいとき、『夫と子どもだけ』で外出するように仕向ける魔法のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「たまには親子でデートしたら」と甘い言葉を使う

    「『男だけのお出かけって、いい響きだなー』としみじみ言う」(20代女性)というように、娘なら「デート」、息子なら「男同士」など、男心をくすぐるワードをちりばめる方法です。女性である自分には無理だというスタンスで、おおげさにうらやましがってみせると、その気になってくれそうです。
  • 【2】「パパとだけの思い出を作れるよ」と特別感をあおる

    「『いつもは私と手をつなぐけど、ふたりならあなたにべったりね』と気持ちを盛り上げる」(30代女性)というように、ちょっとした外出を心に残る出来事に演出するのもよさそうです。「帰ってきたら、楽しい土産話を聞かせて」などと言葉を重ねて、「行かなきゃ」という雰囲気を作り上げましょう。