夫に子どもの勉強をみてもらいたいとき、「俺の出番だ」とその気にさせるセリフ9パターン

  • 【7】「試しに教えてみて」ととりあえずやってもらう

    「私が忙しいときに頼んでみたら、ハマったみたい」(30代女性)というように、構えてお願いしなくとも、夫が自ら教える面白さに目覚めることもあるようです。「ちょっとやってよ。無理なときは、代わるから」などとさりげなく言えば、負けず嫌いな夫は、燃えるかもしれません。
  • 【8】「子どもの将来がかかってるよ」とやりがいを説く

    「『あの子がどれだけ伸びるか、あなたの腕のみせどころ』とはっぱをかける」(30代女性)というように、夫の手腕に大きな期待をかけてみせるのもいいでしょう。ただしプレッシャーに弱いタイプだと、尻込みしてしまいそうなので、相手の性格を見極めて力を加減しましょう。