夫に子どもの勉強をみてもらいたいとき、「俺の出番だ」とその気にさせるセリフ9パターン

  • 【5】「説明が上手だもん」と教え方を称賛する

    「『ほら、私が魚のさばき方を聞いたとき、わかりやすかったし』と具体例を出す」(20代女性)というように、教えるテクニックが抜群だと褒めそやすのもいいでしょう。「少なくとも私よりは理論派だから…」とあえて自分を下げてしまえば、「仕方ない、僕しかいないか」と思わせることができそうです。
  • 【6】「何でもわかるパパってすごいね」と自尊心をくすぐる

    「『勉強を教えられるなんて、自慢のお父さんだよ』と尊敬のまなざしを向ける」(30代女性)というように、「かっこいいお父さん像」を作り上げて、そうなりたいと思わせるのもひとつの手です。夫婦だけで話すよりも、子どもも巻き込んで話したほうが、さらにやる気を引き出せるでしょう。