夫に子どもの勉強をみてもらいたいとき、「俺の出番だ」とその気にさせるセリフ9パターン

  • 【3】「私じゃ無理だから、お願い」とへりくだる

    「『うわっ、こんな計算無理だわ!』と大声で叫んだら、『どれどれ?』って…気になったみたい(笑)」(30代女性)というように、自分にはできないと公言して、夫に頼ってしまうのもいいでしょう。子どもに教える様子を見たら、「さすがだね」とおおげさに褒めておけば、その後もお願いしやすくなりそうです。
  • 【4】「あなたがやってくれたら喜ぶわよ」と子どもの反応を想像させる

    「『パパから勉強を教わったことを、将来感謝してもらえるかもね』と言ったら、やる気を出してた」(40代女性)というように、このひとときが大切な思い出になると主張すれば、心が動くかもしれません。先に子どもに根回ししておき、本人の口からお願いさせれば、夫も逃れられないでしょう。