ライバル視してくる面倒な同期と上手に付き合う方法7パターン

同期入社の仲間は、苦楽を共にしてきたかけがえのない存在であり、ときには切磋琢磨するライバルとも言えるのではないでしょうか。しかし、ライバル意識が強すぎる同期には、ストレスを感じてしまいそうです。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「ライバル視してくる面倒な同期と上手に付き合う方法」をご紹介します。

  • 【1】自分にはない、仕事上の長所を褒める

    「『仕事が速くてうらやましい』『すごいね!』ととにかく褒めて、私は格下だとアピールする」(20代女性)というように、「私よりあなたのほうが優れているよ」と認めて、相手のライバル意識をかわす方法です。「部長が褒めてたよ」などと周囲からの評価を伝えると、より効果がありそうです。
  • 【2】協力しあえる共同作業を増やす

    「『一緒に頑張ろう!』と笑いかけて、仲間意識を促す」(20代女性)というように、競争相手ではなく、「同じ目標に向かって共に向上できる仲間」と認識させるのもよいでしょう。「これ、手伝ってもらえる?」など、相手に頼ると張り切って作業してくれそうです。