「それは口頭で伝えるべき」と上司を怒らせてしまうメール8パターン

上司への連絡を何でもメールで済ませると、「直接言いに来て」と怒らせてしまうことも。では、「メールで伝えるのは望ましくない」のはどんな内容でしょうか。部下を持つ『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「『それはメールで伝えることじゃない』と上司に思われるメール」をご紹介します。

  • 【1】注意したことへの反省や謝罪のメール

    「話したくない気持ちはわかるけど、反省しているなら直接言いにきてほしい」(30代女性)と、メールでは反省していることが伝わりにくい傾向にあるようです。「申し訳ない!」という謝罪の気持ちを伝えたければ、多少気まずくても面と向かって言ったほうがいいでしょう。