自分の娘にだけ甘い!頭にくる姑のダブルスタンダード発言9パターン

嫁にはNOなのに、娘にはYES。正反対な姑の態度にカチンときても「私には、ああ言ったじゃないですか」とは、なかなか切り返せないものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、嫁を苛立たせる「姑のダブルスタンダードな発言例」と、そんな場合の上手な対処法をご紹介します。

  • 【1】嫁には「夫の家に帰省するのが当然」、娘には「正月ぐらい帰ってこい」

    「私におさんどんさせて、娘には『のんびりしてね』といい顔をしそう」(30代女性)というように、不平等な扱いを想像してイラッとくる人は多いはずです。小姑が帰省すると聞いたら即、「うちの母にも顔を見せるように言われちゃって」と宣言してしまうなど、お役御免を申し出るにはタイミングが肝心でしょう。
  • 【2】嫁には「産後は動きなさい」、娘には「産後は休みなさい」

    「娘は半年も世話したくせに、私には里帰りさえ許さなかった」(30代女性)というように、「産後」という特別な状況での体験は尾を引くようです。そのときは言い返せなかったとしても、「小姑の第二子出産」などの機会が訪れたら「私には『甘えるな』と言ったのに」と涙ながらに理不尽を訴えましょう。