40代ママの態度に20代ママは困惑…「注意すべき態度」9パターン

出産年齢がいくつであろうと、子どもが同世代であれば、自然と触れ合う機会が多くなるのがママ社会というもの。20代から40代まで、幅広い年齢層の女性が一堂に会すれば、お付き合いの仕方にも、ちょっとした工夫が必要になるかもしれません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『20代ママ』を困惑させる『40代ママ』の態度」をご紹介します。

  • 【1】初対面でいきなり「私40歳なのよ」と言う

    「児童館で初めて会ったママから『私42なんだけど』と言われて、リアクションに困った…」(20代女性)というように、お互いをよく知りもしない段階で、わざわざ年齢の話をするのは避けたほうが無難でしょう。40代ママからすれば、「もう若くはないから」という自虐ノリだとしても、相手を当惑させるだけかもしれません。
  • 【2】年齢を聞かれても、「えーっ」とはぐらかして答えない

    「『そういえば何年生まれ?』と振ったら適当にはぐらかされて、『地雷を踏んだ?』と焦った」(20代女性)というように、ある程度親しくなったはずなのに、変に年齢を隠し立てするのも、若いママにバツの悪い思いをさせてしまうでしょう。つまらないことでぎくしゃくするよりは、自然に打ち明けてしまったほうが無難そうです。