声をかけてくれたママ友の名前が思い出せないとき、無難にやり過ごす方法9パターン

子どもの入園や入学、クラス替えなどで、一気に多くのママと知り合うと、なかなか顔と名前を覚えられずに困ることがあると思います。相手に笑顔で呼び止められたのに、とっさに名前が思い出せなかったとき、どのように対応するのが適切なのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「声をかけてくれたママ友の名前が思い出せないとき、無難にやり過ごす方法」をご紹介します。

  • 【1】「あっ、こんにちは!」と、とりあえず元気にあいさつする

    「一点の曇りもない笑顔で応じれば、つかみはOK」(20代女性)というように、とにかくにこやかにあいさつをして相手の出方を待てば、雰囲気だけは和やかに取り持つことができるでしょう。変にオドオドしていると「私、避けられてる?」と余計な疑念を抱かせかねないので、堂々としておきましょう。
  • 【2】「ごめんなさーい。お名前をど忘れしちゃって…」と、正直に告白する

    「ボロが出る前に、『すみません!』と平謝りしたほうがラク」(30代女性)というように、ドギマギしたまま過ごしたくなければ、ストレートに名前を尋ねるのもいいでしょう。ただし、相手がプライドの高そうな人の場合、素直に聞くと後々面倒なことになるかもしれないので、タイプを見極めましょう。