「誰か紹介して!」と懇願するお局様から逃げるための一言9パターン

独身のお局様から「彼氏が欲しい」「誰か紹介して」などと突然言われることもあるでしょう。そんなときは、面倒でもうまく返さないと機嫌を損ねてしまう可能性があります。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「引くほど必死に『誰か紹介して』というお局様から、うまく逃げる一言」をご紹介します。

  • 【1】「私のまわり、みんな結婚しているんですよ」と、候補がいないことを伝える

    「素直に『紹介できる人がいない』と言ったほうが、変に期待させるよりもいい」(20代女性)というように、はっきりと真実を伝える人も多いようです。強い口調で言ってしまうと、嫌な印象を持たれかねないので、「申し訳ない」という気持ちが伝わるような話し方を心がけましょう。