子どもを預けて働く母が「人に言われて傷ついた言葉」9パターン

「子どものこと」を周囲からあれこれ言われて、やるせない気持ちになったことのあるワーキングマザーは少なくないでしょう。何気ない言葉に振り回され、自分を責めてしまうこともあるはずです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「子どもを預けて働く母が『人に言われて傷ついた言葉』」をご紹介します。

  • 【1】「まだ小さいのに、かわいそう」と不憫がられる

    「ウチのことをよく知りもしない人から、『乳児を他人に任せるなんて…』と眉をひそめられるたびに悲しくなる」(20代女性)というように、小さな子を預けて仕事をすることを一方的に非難されて、不快な思いをしたことのある人は多いようです。心配される必要などないことをわかってもらうためにも、「娘は楽しく過ごしてますよ」と笑って受け流しましょう。