ママ友が一気に増えたとき、顔と名前を覚えるための工夫9パターン

  • 【6】子どもの出身幼稚園や習い事など、バックグラウンドで特徴をつかむ

    「『○○幼稚園出身の大谷さん、平野さん…』とグループを作る」(20代女性)というように、子どもの背景に結びつけると、名前を引き出しやすくなりそうです。それぞれの子どもに何らかの情報をひもづけているため、次回、ママ友と話すときのネタにもなって一石二鳥でしょう。