自信喪失ぎみの新人をさらに落ち込ませてしまう一言9パターン

新人時代は思うように仕事が覚えられず、自信を失う人も多いもの。そんなときは、先輩のちょっとしたひと言でさらに深く落ち込んでしまうこともあるようです。そこで今回は、『スゴエル』読者に聞いた「ショックだった先輩からの一言」をもとに、できれば避けたい新人への言葉を探ってみました。

  • 【1】「同期の○○さんはできるのに」と他人と比べる

    「自分でもわかっていただけに、優秀な同期を引き合いに出されたときはヘコみました」(20代女性)のように、「デキる」ほかの新人と比べてハッパをかける作戦は、裏目に出ることが多いようです。「誰でも最初はできないものよ」と励まし、「自分だけが劣っているわけではないのだ」と安心させてあげましょう。