3日で顔と名前を覚えてもらう「自己アピール術」8パターン

新しい部署に異動になったとき、最初にする自己紹介。仕事をうまく進めるためにも、早く自分の名前と顔を覚えてもらいたいところです。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「新しい部署で、3日で名前と顔を覚えてもらう自己アピール技」をご紹介します。

  • 【1】「『○○』と呼んでください」と、人が呼びやすいあだ名を伝える

    「一発で覚えてもらえるようなあだ名をアピールします」(20代女性)など、愛称で相手との距離を縮める人も多いようです。「渡辺なので『ナベちゃん』と呼んでください」など、本名の想像がつきやすいあだ名にするといいでしょう。