「正直、ありがた迷惑!」と思う、義父母からの入学祝い9パターン

  • 【9】恩着せがましく渡される「多額のお祝い金」

    「『跡取りのお祝いだから』と分厚いのし袋を渡されても、あとが怖くて笑えない」(40代女性)というように、大盤振る舞いする夫の親に「見返りを期待されてるのでは?」と感じる人もいます。負担に思うなら、見合うだけのお返しをするか、夫に訴えて多額のご祝儀は遠慮するようにしましょう。

ありがた迷惑に感じてしまう「義父母からの入学祝い」は、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(セイノマサコ)
Photo:All images by iStock