「正直、ありがた迷惑!」と思う、義父母からの入学祝い9パターン

こちらの希望や事情を無視して、夫の親が勝手に押し付けてくる「お祝い」ほど、扱いに困るものはありません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『正直、ありがた迷惑!』と思う、義父母からの入学祝い9パターン」をご紹介します。

  • 【1】子ども部屋を占領してしまう「大きな学習机」

    「『たくさん入るわよ』って、本棚ばかり持ち込まれても、もう置ける壁が残っていない…」(30代女性)というように、部屋のサイズに合わない大型家具を贈られるのは困りものでしょう。唖然としているばかりではどうにもならないので、購入したお店を聞き出して交換の交渉をするなど、対処の余地はありそうです。
  • 【2】着せるのに覚悟がいる「ド派手なフォーマルウェア」

    「『入学式に着せてやってね』とやたらファンシーなドレスを贈られてウンザリ。娘と一緒に選ぶ予定だったのに!」(30代女性)というように、わが子の晴れの日の衣装を押し付けられて、閉口させられることも多いようです。義父母が入学式に参列する予定がなければ、一度だけ着せて写真を撮っておき、当日は別のものでおしゃれを楽しめばいいでしょう。