この先輩の後任でよかった!感謝される「引き継ぎの作法」9パターン

後輩に仕事を引き継ぐときこそ、あなたが「これまでしてきた仕事」の集大成。ここでスマートな仕事ぶりをアピールできれば、後輩からの評価はグンとアップするでしょう。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「『この先輩の後任でよかった』と思われる引き継ぎ時のお作法」を探ってみました。

  • 【1】「あなたのやり方でやっていいから」とノウハウを押し付けない

    「基本的なことはしっかり教えつつ、『あとは、やりやすいように進めてね』と言ってくれたから気がラクでした」(20代女性)というように、引き継ぎ相手を尊重する態度は好感を持たれるようです。手間取っていた業務を教える際には、「どうすればもっとうまくできるかな?」と、少し考えさせてもいいかもしれません。