転職後も前の同僚と親しく付き合うための、辞める際のお作法9パターン

転職が決まるとやるべきことが山積みで、つい同僚に負担をかけてしまいがち。残念ながら良い印象を残すことができず、転職後は元の同僚と疎遠になってしまうケースも少なくないようです。では、どんな辞め方をすれば転職後も良好な関係を保てるのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「転職後も前の同僚と親しく付き合うための、辞める際のお作法」をご紹介します。

  • 【1】引継ぎがしっかりできるように余裕を持って退職を申し出る

    「後任者を採用する暇もないほど急に辞めた同僚。評判はガタ落ちでした」(20代女性)というように、自分が辞めたあとの会社のことを思いやれない人は、同僚から反感を買いそうです。法律では2週間前に辞意を伝えればよいことになっていますが、後任者の採用期間などを考えると2、3カ月前までに伝えたほうがいいでしょう。